戦後労働運動私史  第1巻 1945〜1949

高島 喜久男【著】

高野・総評をささえた著者が、膨大な資料と証言により戦後労働運動を俯瞰・再構成し、労働者解放の道標をしめす渾身の大著。本巻では、敗戦期から総評結成までの占領下の運動を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦後期(占領政策・その変遷
  • 労働組合の再建
  • 生産管理
  • 2・1スト
  • 戦後初期の労働運動の展開
  • 戦後インフレーションの終熄
  • 1949年の攻防)
  • 第2部 第一の過渡期(統一戦線運動の敗北
  • 片山<社会党>内閣
  • 組合民主化運動-総評前史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後労働運動私史
著作者等 高島 喜久男
書名ヨミ センゴロウドウウンドウシシ : 1(1945-1949)
巻冊次 第1巻 1945〜1949
出版元 第三書館
刊行年月 1991.8.15
ページ数 522p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想