元兵士が語る戦史にない戦争の話

曽根 一夫【著】

民家を襲い物資を強奪。女性を犯し家に放火する。刺殺実験や試し斬りの残酷。日中戦争最前線での体験を恥をしのんで告白。戦争はここまで人間を狂わせた。日本兵が犯した残虐と狂気。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦争の傷を抱えた人々
  • 戦地へ行く兵士たちの悲劇
  • 「徴発」という名の「略奪」
  • "女は犯し、家は焼け"
  • 虐殺
  • 鬼心と仏心
  • 日本人を蛮行へ駆りたてたもの
  • 私の戦後-自己の戦争犯罪を告白するに至る経緯

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 元兵士が語る戦史にない戦争の話
著作者等 曽根 一夫
書名ヨミ モトヘイシガカタルセンシニナイセンソウノハナシ
シリーズ名 ノンフィクションブックス
出版元 恒友出版
刊行年月 1991.8.15
ページ数 278p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想