万徳幽霊奇譚;詐欺師

金 石範【著】《キム ソクポム》<Kim Suok Puom>

初期作品「鴉の死」、長篇『火山島』をはじめとして常に"幻のふるさと"韓国・済州島の地を描くことにより己れの"存在の危機"を表現し続ける在日の作家金石範。深い谷間の奥の観音寺に住みついた一人の飯炊き小坊主の世の常識を超えた伝心の"聖性"を描く『万徳幽霊奇譚』と架空スパイ事件の"主謀者"とされた若者の悲劇『詐欺師』。痛烈な諷刺と独特のユーモアの"稀有なる人間像"の創出。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万徳幽霊奇譚;詐欺師
著作者等 金 石範
書名ヨミ マンドギユウレイキタン@サギシ
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1991.8.10
ページ数 313p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 406196139X
NCID BN06990603
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想