黄塵日記

高橋 義夫【著】

日露戦争後、天津の日本人記者・橋本竹南は戦争初期に行方不明となった二人の友人を捜索するため、遠く蒙古の砂漠へ旅立つ。竹南は彼等の遺骨と残された日記帳を発見、密かに持ち帰る。しかし、日記には驚くべき秘密作戦が書かれてあり、何者かに奪い去られてしまう。戦争の非情と歴史の暗部を気鋭が暴く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄塵日記
著作者等 高橋 義夫
書名ヨミ コウジンニツキ
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1991.8.15
ページ数 265p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4061849751
NCID BA4952346X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想