僕の昭和史  2

安岡 章太郎【著】

昭和二十年八月十五日、僕は新宿駅にいた。父の復員、脊椎カリエス…。混乱の戦後を死ぬこともできず、原稿用紙に向かいはじめ「第三の新人」と呼ばれ、芥川賞を受賞するころには時代も大きく変わりつつあった。作家の眼と確かなものを求め続けた文章が「あの時代・昭和」を問い直す。野間文芸賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僕の昭和史
著作者等 安岡 章太郎
書名ヨミ ボクノシヨウワシ : 2
シリーズ名 講談社文庫
巻冊次 2
出版元 講談社
刊行年月 1991.8.15
ページ数 258p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4061849719
NCID BA61256668
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想