長安の夢

陳 舜臣【著】

長安には春がふさわしい。漢の時代から、長安ははなやいだみやこであった。そして唐代にはローマと並ぶ最大の都だった。-日本にも馴染の深い白居易、李白、杜甫、王維らの詩眼を通して、いにしえの夢のみやこの全容を浮きぼりにする。「西域巡礼」「三蔵法師の道」を併録しシルクロード、天竺への道をも紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詩人たちの長安
  • 西域巡礼
  • 三蔵法師の道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長安の夢
著作者等 陳 舜臣
書名ヨミ チヨウアンノユメ
シリーズ名 中国歴史シリーズ
講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1991.8.15
ページ数 295p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 406184962X
NCID BN12268902
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想