われは傍流にあらず : 政治記者の記録

一七会【編】

「争論なきは国滅ぶ」を信念に、反主流の闘将として、常に権力・金力に挑み、保守党の再生を夢見つづけた三木武夫。政治改革が叫ばれているいま、なぜ、三木政治なのか-ベテラン政治記者が明かす反骨の50年。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦前から戦後、保守合同の前後まで
  • 第2章 自由民主党時代
  • 第3章 三木内閣成立とその後
  • 付録(謝辞-在職50年表彰に際して
  • 党近代化に関する組織調査会答申
  • 三木武夫年表
  • 自民党派閥の系譜
  • 戦後の政党系統図)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 われは傍流にあらず : 政治記者の記録
著作者等 一七会
書名ヨミ ワレハボウリユウニアラズ : セイジキシヤノキロク
出版元 人間の科学社
刊行年月 1991.7.20
ページ数 389p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN06629970
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想