誰にもわかるMRI : 撮像原理から検査・読影まで

荒木 力;湯浅 祐二【編】

[目次]

  • 1 読影に必要な基礎知識(MRIの原理-MRIでは何を見ているか
  • MRI画像の作り方-信号採取から画像作成まで
  • 緩和時間の意味-T1、T2とはどういうものか
  • 流体のMRI-MRI画像上でのflowの見え方
  • T1強調像、T2強調像から高速スキャン-TR、TEと画像の特徴
  • 読影のために必要な用語-画像にかかわるパラメータと撮像テクニック
  • MRIのArtifact
  • MRI造影剤
  • MRIを理解するための用語補遺)
  • 2 読影に必要な新しい撮像法(MRIの進歩と新しい技術
  • 高速撮像法とGradient Field Echo法
  • FLASH法とFISP法
  • GRASS法
  • 超高速イメージング
  • 3D‐FT法
  • Short TI IR<STIR>法
  • MR Angiography
  • Cine MRI
  • 拡散画像-拡散強調像と拡散係数画像
  • Phase Refocusing法
  • Chemical Shift Imaging)
  • 3 検査・読影の進め方(頭部のMRI
  • 脊髄のMRI
  • 心・大血管のMRI
  • 胸部のMRI
  • 腹部のMRI
  • 骨・関節のMRI-関節疾患の検査法を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰にもわかるMRI : 撮像原理から検査・読影まで
著作者等 湯浅 祐二
荒木 力
書名ヨミ ダレニモワカルMRI : サツゾウゲンリカラケンサドクエイマデ
出版元 秀潤社
刊行年月 1991.7.20
ページ数 251p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4879621064
NCID BN08085228
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想