少年の日にぼくは

大岡 信;三善 晃;司 修【著】;ジルベルトの会【編】

[目次]

  • さまよいと目覚めの時-刺激多き中学時代をふりかえる(十代で人生が終わる
  • 警戒警報のなかでものを書いた父
  • 15歳で元服させた父の教育
  • 軍需工場が中学の仮校舎に
  • 茨木先生と沼津中学文芸懇話会
  • 精神のなかに"鬼"をもつ
  • 墨もワープロも使いこなす)
  • いま伝えたい五つの話(わりばしいっぽんの話
  • オデコのこいつの話
  • ハックとジムの話
  • アリョーシャおじさんの話
  • みっちゃんと<ぼく>の話)
  • 未来へつづく時間の旅(どんな日にぼくは生まれたか
  • 藁人形を日本刀で切った先生
  • 大きなイチョウの樹が伐られた
  • 昼間、天井から星が降る
  • なん枚も残っているぼくの写真
  • 習字の宿題と「うそ」の作文
  • ハーモニカのコンサート
  • スクリーンの裏の住人
  • 自分の足を食うタコのように
  • 見えないものを絵に描く
  • "いのち"を描こうとして)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年の日にぼくは
著作者等 三善 晃
司 修
大岡 信
ジルベルトの会
書名ヨミ シヨウネンノヒニボクハ
シリーズ名 風と木に聞く 3
出版元 エイデル研究所
刊行年月 1991.7.17
ページ数 149p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4871681424
NCID BN14688829
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想