マイナス百九十六度の相続人

和久 峻三【著】

京都の色町に育った気鋭の弁護士藤波清香は離婚歴あり、一児あり、恋人ありの元気印の女。その清香のもとに、凍結受精卵による体外受精で生まれた子に親の財産の相続権はあるのか、という難問がもちこまれた。飛行機事故で不慮の死をとげた両親が残した巨億の遺産。ときには芸妓姿で情報をとる清香の艶姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時の魔法
  • 法廷の鍵
  • 共犯者の自白
  • マイナス百九十六度の相続人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マイナス百九十六度の相続人
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ マイナスヒヤクキユウジユウロクドノソウゾクニン
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1991.7.15
ページ数 257p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4061849549
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想