ベランダ刑事怒りの標的

胡桃沢 耕史【著】

警視庁きってのダメ刑事・安田保重は、窓際族を通りこして、人呼んでベランダ刑事といわれていた。しかし、同期の村松が公安部長に出世したおかげで、安田も新設の公安5課に所属、特別秘密任務につくことになった。時あたかも、アメリカの通商長官ヒルザ女史が来日、それを追って、アメリカ政府と対立関係にあるコロンビヤの麻薬組織から殺し屋が派遣されたとの情報。ベランダ刑事の大活躍!グリーンベレー仕込みの射撃術と必殺技が冴えわたる。人気直木賞作家が描く、痛快アクション・ミステリー第2弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カルテルから来た殺し屋
  • 拳銃(チャカ)のことはお任せを
  • 隠れ公安怒る
  • 大統領を護れ
  • カルテルからの宣戦状
  • 暗殺プロジェクト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベランダ刑事怒りの標的
著作者等 胡桃沢 耕史
書名ヨミ ベランダケイジイカリノヒヨウテキ
シリーズ名 カッパ・ノベルス
出版元 光文社
刊行年月 1991.6.30
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4334029280
NCID BN15460757
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想