浄土ヶ浜殺人事件

大谷 羊太郎【著】

フリーアナウンサーの船越由佳子は、夫・光夫との二年間の結婚生活に終止符を打つことを決意した。最後の思い出にと、"離婚旅行"を計画した二人は、それぞれの思いを胸に、品川から岩手県の浄土ヶ浜に向かった。ところが、二人が乗った深夜高速バスの車中で、若い女性が突然苦しみ出し、死亡した。騒然とする中、由佳子は、光夫の動揺が尋常でないことに気づいていた。さらに、由佳子たちのバスに乗り合わせた男が、浄土ヶ浜の岩場で薬殺体で発見された。謎とサスペンスとドンデン返し。追う八木沢警部補の名推理と愛の真実を描いた、好評、書下ろしハイウェイ・ミステリー第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浄土ヶ浜殺人事件
著作者等 大谷 羊太郎
書名ヨミ ジヨウドガハマサツジンジケン
シリーズ名 ハイウェイ・ミステリー 2
カッパ・ノベルス 2
出版元 光文社
刊行年月 1991.6.30
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4334029299
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想