オランダGPの16ラップ : 片山敬済の戦い

泉 優二;竹島 将【著】

オランダ北部の田舎町アッセン。この町の南に位置するVAN DRENTHE、通称アッセン・サーキットにつめかけた20万人を越す大観衆のどよめきが頂点に達した時。-1983年6月25日PM7:30。ロードレース世界グランプリ、ラウンド8、オランダGP、500ccクラス決勝のスターティング・シグナルがブルーに変わった…。現在でもバイク&GPフリークスに語りつがれる伝説のレースをここに公開。プロのレーステクニックから、GPライダーの人生まで描ききる必読の書。片山、ケニー、フレディー、そしてガードナーが甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パドックの動と静。
  • 決勝の朝。
  • スターティング・グリッドに勇者が並んだ。
  • シグナルはブルーに変わった。
  • フレディー・スペンサーが飛び出した。
  • ガードナーがウンチーニに激突した。
  • フレディーが逃げ、片山が追走する。
  • フレディーの独走か?
  • ケニーの追撃が始まった。
  • ケニーが片山を抜いて2位に。
  • フレディーとケニーのバトルが始まった。
  • ケニーと片山がフレディーを抜く。
  • ケニーがトップを死守。
  • ケニーと片山が抜け出た。
  • 片山がベスト・ラップをたたき出す。
  • 片山、再びベスト・ラップ。
  • 周遅れがからんで来た。
  • 片山がタイムを落し、フレディーが追い上げる。
  • ケニーはトップの座が安泰だと考え始めた。
  • 0.19秒差のチェッカー。
  • そして、片山敬済はマシーンを降りた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オランダGPの16ラップ : 片山敬済の戦い
著作者等 竹島 将
泉 優二
書名ヨミ オランダGPノジユウロクラツプ : カタヤマタカマサノタタカイ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1991.6.25
ページ数 237p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041669138
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想