現代民主主義と歴史意識

京大政治思想史研究会【編】

[目次]

  • 1 政治思想史1-西欧(エピクロスにおける自由と連帯の論理-開かれた孤独について
  • ジョン・ミルトンと近代民主主義
  • ヒュームとバークにおける自由保守主義の政治哲学
  • ルソーの市民宗教について
  • フランス反動思想の人間学と政治学-言語論を手がかりにして
  • アンドリュー・ジャクソン対ジョン・C・カルフーン-民主的パトリアークと保守的パトリアーク
  • モーリス・バレスのナショナリズム思想-ドレフュス事件を中心にして
  • エルンスト・ユンガーにおける歴史意識問題-ナチズム期を中心として
  • E.カウフマンの保守的政治思想)
  • 2 政治思想史2-日本(高山樗牛の日本主義
  • 植原悦二郎と民主主義
  • 北一輝の思想と民主主義-「社会≧民主主義」の構造と示唆)
  • 3 政治理論(デモクラシー、オリガーキー、ファシズム-ミヘルスの転向
  • 資本主義・官僚制・権力システム
  • 「小さな政府」論-その多様性と問題点
  • 首相の解散権と政権交替-サッチャリズムと財産所有民主主義の展望
  • 第3世界の民族民主主義-ソ連の想定する第3世界の発展過程)
  • 4 政治文化(ソヴィエト・イデオロギーとロシア民族主義-ヴェ・オーシポフをめぐって
  • アメリカ政治の柔軟性と包括性-戦争と黒人運動
  • 近代ドイツにおける大衆ジャーナリズムの形成
  • 台湾の民主化と民主進歩党綱領
  • 近代化過程と民衆世界-日本の民主主義・再考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代民主主義と歴史意識
著作者等 上田 惟一
中村 宏
中野 潤三
京大政治思想史研究会
勝田吉太郎先生退官記念論集刊行委員会
南 充彦
古賀 敬太
大塚 健洋
宮本 盛太郎
小野 紀明
山本 周次
岡本 幸治
川合 全弘
広岡 正久
戸沢 健次
木村 雅昭
橋本 富郎
氏家 伸一
渡辺 雅弘
溝部 英章
足立 幸男
近藤 潤三
野田 裕久
香島 明雄
書名ヨミ ゲンダイミンシユシユギトレキシイシキ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1991.5.20
ページ数 539p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4623020932
NCID BN06278184
BN07276694
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
E・カウフマンの保守的政治思想 古賀 敬太
「小さな政府」論 : その多様性と問題点 足立 幸男
アメリカ政治の柔軟性と包括性 : 戦争と黒人運動 橋本 富郎
アンドリュー・ジャクソン対ジョン・C・カルフーン : 民主的パトリアークと保守的パトリアーク 戸澤健次
エピクロスにおける自由と連帯の論理 : 開かれた孤独について 渡辺 雅弘
エルンスト・ユンガーにおける歴史意識の問題 : ナチズム期を中心にして 川合 全弘
ジョン・ミルトンと近代自由主義 上田 惟一
ソヴィエト・イデオロギーとロシア民族主義 : ヴェ・オーシポフをめぐって 廣岡正久
デモクラシー、オリガーキー、ファシズム : ミヘルスの転向 氏家 伸一
ヒュームとバークにおける自由保守主義の政治哲学 野田 裕久
フランス反動思想の人間学と政治学 : 言語論を手がかりにして 小野 紀明
モーリス・バレスのナショナリズム思想 : ドレフュス事件を中心にして 南 充彦
ルソーの市民宗教について 山本 周次
北一輝の思想と民主主義 : 「社会≧民主主義」の構造と示唆 岡本 幸治
台湾の民主化と民主進歩党綱領 香島 明雄
植原悦二郎と民主主義 宮本 盛太郎
第三世界の民族民主主義 : ソ連の想定する第三世界の発展過程 中野 潤三
資本主義・官僚制・権力システム 木村 雅昭
近代ドイツにおける大衆ジャーナリズムの形成 近藤 潤三
近代化過程と民衆世界 : 日本の民主主義・再考 溝部 英章
首長の解散権と政権交代 : サッチャリズムと財産所有民主主義の展望 中村 宏
高山樗牛の日本主義 大塚 健洋
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想