女性と労働組合  上

鈴木 裕子【著】

明治期の労働組合期成会から友愛会-総同盟へとつづく「右派」労働組合婦人部の歴史をたどり、女性運動家たちの思想と実践を豊富な一次史料に基づき跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 労働組合期成会と女性労働者(労働組合期成会の誕生
  • 『労働世界』にみる女性労働・女工観
  • 「女工=無知無自覚な労働者」という図式)
  • 1 友愛会婦人部の歴史(友愛会婦人部誕生まで
  • 友愛会婦人部の誕生と『友愛婦人』
  • 友愛会婦人部の活動)
  • 2 「健実派」総同盟婦人部の歴史(総同盟第一次・第二次分裂と婦人部
  • 婦人部の再建と労働婦人連盟の発足
  • 赤松常子の総同盟婦人部入りと『労働婦人』の発刊
  • 総同盟婦人部の活動
  • 総同盟婦人部の発展と『労導婦人』の廃刊)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性と労働組合
著作者等 鈴木 裕子
書名ヨミ ジヨセイトロウドウクミアイ : ジヨウ
シリーズ名 日本女性労働運動史論 2
巻冊次
出版元 れんが書房新社
刊行年月 1991.5.15
ページ数 169p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN06353224
BN07462768
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想