生命の声にきく暮らしへ : この30年でまわりはどう変わったか

明峰 惇子【著】

この30年、モノに取りつかれた私たちは便利さと引換えにどれだけ自然を壊しつづけてきたか。いますぐしなければならないことは何か。いのちを育てる豊かな大地を子どもたちに残したい、伝えたいと心底おもう著者の力説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに なにかひとつの、小さなことでいいから
  • 1 便利さというベールの奥で笑うもの-現在の私たちの暮らし
  • 2 30年前にはどんな暮らしがあったのか
  • 3 安さと便利さを支えるもの
  • 4 歴史の転換期を生きる私たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の声にきく暮らしへ : この30年でまわりはどう変わったか
著作者等 明峰 惇子
書名ヨミ イノチノコエニキククラシヘ : コノサンジユウネンデマワリハドウカワツタカ
出版元 風濤社
刊行年月 1991.4.30
ページ数 170p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想