地涌からの通信 : 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う  2

不破 優【著】

マスコミで報道される日蓮正宗と創価学会との"相剋"。その当事者の間に、いま大きな波紋を投げかけているのが、『地涌』という名の日刊FAX通信だ。「地涌」とは、法華経に説かれる「仏法を広める使命を担った大衆」のこと。真の意味での、大衆のための仏法とはいったい何なのか、また僧侶(出家)と信徒(在家)とのありうべき関係とはいかなるものなのか-『地涌』は毎日、それを鋭く問いかけている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高橋公純、押木二郎、2月24日の結集は大丈夫か?もし集まらなければ、御指南をした日顕猊下が笑われる
  • 後輩に交通事故の面倒・生活の面倒を見てもらった先輩が40年経っても先輩面したがる、コリャ普通じゃないゾ
  • 竜年光-これまで創価学会に育まれて生きてきたのに我欲を満たすことのみで晩節を終えようとするとは!
  • 高橋公純のいう『猊下の御指南に応えん』というのは事実をねじ曲げ信徒を騙すということなのか!?
  • 「法華の持者を禁獄する人・何ぞ現身に悪瘡を感ぜざらんや、頭破七分の誓ひ此の時に非ずんば何の時か果し給ふべき」
  • 差別が日蓮正宗僧侶の行動原理であってはならない、法類、出身の差別を捨て去り、明るい御宗門を作ろう
  • 十数年を経たら同じ出来事が真反対に見える、老醜をさらす竜年光は変節したのか錯乱したのか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地涌からの通信 : 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う
著作者等 不破 優
書名ヨミ ジユカラノツウシン : ニチレンシヨウシユウチユウスウノゴウマントタタカウ : 2
巻冊次 2
出版元 はまの出版
刊行年月 1991.4.30
ページ数 238p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4893611240
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想