「精神病棟」 閉ざされた200日

瀬谷 健【著】

本書は、精神分裂病に冒された一人の男が、自分を取り巻く精神世界を嘘いつわりなく表現した短歌を通して、彼が見た「精神病棟」という閉ざされた世界の現実を、余すところなく伝えようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 拘囚となりし1日は暮れゆきて
  • 禁足の60余名は薬漬けの刑
  • 「何の為生きるのですか」と問う人
  • 兄が退院のぞまねば
  • 書くこと5分の医師の診察
  • いまわしき入院生活思うまじ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「精神病棟」 閉ざされた200日
著作者等 瀬谷 健
書名ヨミ セイシンビヨウトウトザサレタニヒヤクニチ
シリーズ名 ノンフィクションブックス
出版元 恒友出版
刊行年月 1991.5.15
ページ数 214p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想