花のお江戸で

山手 樹一郎【著】

十万石の城下町桑名の豪商亀屋鶴右衛門の跡取り鶴吉は、十八の若さで十歳も年上の茶屋の若おかみお楽に惚れ、深い仲になる。が、お楽は悪党たちの悪だくみに遭い自害して果てる。悲しみの淵から立ち上がった鶴吉は江戸へ出て、浅草を縄張りにして庶民を苦しめている悪党退治に乗り出した。-明るさの中にもちょっぴり翳りを湛えた異色時代長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花のお江戸で
著作者等 山手 樹一郎
書名ヨミ ハナノオエドデ
シリーズ名 双葉文庫
出版元 双葉社
刊行年月 1991.4.15
ページ数 314p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4575660639
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想