青の時代 : 色と心のコスモロジー

末永 蒼生【著】

ジョン・レノン、ユーミン、シャーリー・マクレーン、夢二、ピカソ、フリーダ・カーロ、イブ・クライン、シュタイナー…。人生に、世界に青が訪れるとき。末永蒼生が書き下ろす、文化論、時代論、環境論。色彩で時代を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 90年代、「青」との遭遇(東欧のメーデーに青い旗が出現
  • ニューヨーク、青いホテルに泊まる
  • パリの若者たちが熱狂した映画『グレート・ブルー』
  • ファッション界の青い波
  • 経済都市・日本の青い広告
  • 青をめぐるフィールドワーク)
  • 青を生きた人々(サイレント・ブルー-江戸の藍と子どもの絵
  • ロンリー・ブルー-青をめぐる三人の画家
  • ヒーリング・ブルー-赤い血と記憶を癒すもの
  • エコロジカル・ブルー-失われつつある青と、水の人々
  • インディペンデント・ブルー-孤独の闇と自立の青)
  • 大いなる青の領域へ(火の赤から風の青へ
  • イブ・クラインの非物質世界
  • スピリチュアルな覚醒の領域へ
  • 人類の「青の時代」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青の時代 : 色と心のコスモロジー
著作者等 末永 蒼生
書名ヨミ アオノジダイ : イロトココロノコスモロジ-
出版元 ブロンズ新社
刊行年月 1991.4.1
ページ数 237p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想