霊物質人類紀  上巻

黒田 みのる【著】

上林康夫、由紀の若いカップルに、誕生した可愛いい女の子美起と、康夫の父を交えてのスィートな愛の生活。この4人の前に少しづつ少しづつ現われ始めた心霊世界から神霊世界までの奥深いシステムとスタイルを、ヒューマン視点で描いた黒田理論が、激しい流れとなって、いまロマンを伴って迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 君の愛は幽界で死ぬのか
  • 第2章 輝く幽体こそ君の生命だ
  • 第3章 原型感情に君は哭けるか
  • 第4章 原型よ熱き神化の魁たれ
  • 第5章 四八音(ヨハネ)こそ優しき鬼の愛の詩
  • 第6章 神々の光注ぎし霊止(ひと)の原型
  • 第7章 幽界こそ肇めに成りし物質の母
  • 第8章 現代進む原型神化の組み変え我(が)
  • 第9章 わだつみの色霊泣きて未来近く
  • 第10章 荒ぶる火よ人類を焼くのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 霊物質人類紀
著作者等 黒田 みのる
書名ヨミ レイブツシツジンルイキ : ジヨウカン
シリーズ名 見えない世界から愛を 3
巻冊次 上巻
出版元 九重出版
刊行年月 1991.1.19
ページ数 253p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4906200028
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想