科学文明の暴走過程

吉岡 斉【著】

[目次]

  • プロローグ マクロ構造学の体系化へ向けて
  • 第1章 科学技術構造の考え方
  • 第2章 アカデミズム科学のマクロ構造学
  • 第3章 現代科学技術の暴走メカニズム
  • 第4章 現代日本の科学技術体制
  • 第5章 現代科学技術批判の哲学
  • エピローグ 科学技術構造学の世界観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学文明の暴走過程
著作者等 吉岡 斉
書名ヨミ カガクブンメイノボウソウカテイ
シリーズ名 叢書 技術文明を考える
出版元 海鳴社
刊行年月 1991.1.23
ページ数 228p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想