食道癌 : 診断と治療の進歩

掛川 暉夫【著】

[目次]

  • 1 治療の変遷と今後の展望
  • 2 診断の進歩(X線造影-新しい内視鏡型分類による
  • 内視鏡診断-新内視鏡分類をふまえて
  • 画像診断
  • 悪性度診断)
  • 3 治療の進歩(喉頭を温存する頚部食道癌手術後の誤嚥防止法
  • Door open法による頚胸境界部食道癌の切除郭清
  • 胸骨縦切による胸部食道癌の切除再建
  • 合併切除を伴う切除再建
  • 食道のリンパ系からみた胸部食道癌の郭清術式
  • 姑息手術
  • 切除不能、癌遺残食道癌の治療
  • 集学的治療
  • 術後管理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食道癌 : 診断と治療の進歩
著作者等 掛川 暉夫
書名ヨミ シヨクドウガン : シンダントチリヨウノシンポ
シリーズ名 消化器病セミナー 41
出版元 へるす出版
刊行年月 1990.12.15
ページ数 252p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想