意識論から言語論へ : 社会学の言語論的基礎に関する講義(1970・1971)

ハーバマス ユルゲン【著】<Habermas J¨urgen>;森 元孝;干川 剛史【訳】

[目次]

  • 第1講義 社会科学理論の客観主義的アプローチと主観主義的アプローチ
  • 第2講義 社会の現象学的構成理論-妥当請求の基本的役割と相互主観性のモナド的根拠づけ
  • 第3講義 社会の構成理論からコミュニケーション理論へ(セラーズとヴィトゲンシュタイン)-言語のコミュニケーション的使用と認知的使用
  • 第4講義 普遍語用論-コミュニケーション能力論への考察
  • 第5講義 真理と社会-事実的妥当請求の討議による履行

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意識論から言語論へ : 社会学の言語論的基礎に関する講義(1970・1971)
著作者等 干川 剛史
森 元孝
ハーバマス ユルゲン
書名ヨミ イシキロンカラゲンゴロンヘ : シヤカイガクノゲンゴロンテキキソニカンスルコウギ1970.1971
出版元 マルジュ社
刊行年月 1990.10.16
ページ数 200,13p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想