権力のペンタゴン : 機械の神話第二部

マンフォード ルイス【著】<Mumford Lewis>;生田 勉;木原 武一【訳】

巨大機械の神話が生んだ権力複合体の生成過程を近世から現代にいたる技術文明の流れのうちに捉え、生命を抑圧し人類の創造的自発的発展を阻害する現体制の病理を解明したマンフォード畢生の大著。新たに有機的世界像にもとづく「生技術」を提唱し、実現さるべき文化の理念を示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新しい探検・新しい世界
  • 第2章 太陽神への復帰
  • 第3章 機械化された世界像
  • 第4章 政治的絶対主義と集団編成化
  • 第5章 工学技術としての科学
  • 第6章 多技術の伝統
  • 第7章 大量生産と人間自動化
  • 第8章 「科学小説」としての進歩
  • 第9章 権力の核化
  • 第10章 新しいメガマシン
  • 第11章 巨大技術の荒野
  • 第12章 約束・賄賂・脅迫
  • 第13章 道徳的頽廃と反乱
  • 第14章 新機関(ニューオルガノン)
  • エピローグ 生の前進

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 権力のペンタゴン : 機械の神話第二部
著作者等 Mumford, Lewis
木原 武一
生田 勉
マンフォード ルイス
書名ヨミ ケンリヨクノペンタゴン : キカイノシンワダイニブ
出版元 河出書房新社
刊行年月 1990.11.5
版表示 第3版
ページ数 602,35p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4309240208
NCID BN0216678X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想