陶工の技術

大西 政太郎【著】

[目次]

  • 1 原料について(昔の陶工の原料の捉えかた、珪土と礬土の特徴
  • 釉原料の主役としての長石の捉えかた
  • 見落とせない長石の粒度、ザラ目と花粉 ほか)
  • 2 木灰について(景徳鎮窯の磁器釉とわが国の磁器釉
  • マジョリカの釉灰はブドウ酒のあく
  • きめの細かい木灰づくり ほか)
  • 3 化粧土と絵具について(赤陶と黒陶の赤どべ
  • 薄化粧の李朝陶と厚化粧の西洋陶
  • 青料と唐呉州 ほか)
  • 4 うわぐすりについて(安定な釉の調合とは
  • 不安定な釉の調合とは
  • わかりやすい色釉のメカニズム)
  • 5 焼成について(歴史の永い須恵器の窯焼き
  • 還元焼成の要点
  • 調合を生かすのも温度しだい)
  • 6 マチエールの復権(土の新しいマチエールをさがす
  • きわだった釉のマチエール、貫入釉
  • 見直すべき中国陶磁の伝統 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陶工の技術
著作者等 大西 政太郎
書名ヨミ トウコウノギジユツ
出版元 理工学社
刊行年月 1990.10.25
版表示 第4版
ページ数 1冊
大きさ 21cm
ISBN 4844585495
NCID BN03398328
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想