佐藤直方・三宅尚斎

吉田 健舟;海老田 輝巳【著】

闇斎学の特長は、博学を排し人倫日用の道を体認・躬行することにあったが、三傑に数えられる闇斎の高弟直方・尚斎は共に師の学をより精密・明快に発展させ、その学脈は現代にまで及んでいる。二儒を描き彼等の朱子学受容と発展の跡を詳述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 佐藤直方(入門まで
  • 破門
  • 著述期
  • 賓師期
  • 太極論)
  • 三宅尚斎(伝記
  • 学問と人柄
  • 理気論
  • 智蔵説
  • 大義名分論
  • 教育と政治経済思想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 佐藤直方・三宅尚斎
著作者等 海老田 輝巳
吉田 健舟
書名ヨミ サトウナオカタ.ミヤケシヨウサイ
シリーズ名 叢書・日本の思想家 12
出版元 明徳出版社
刊行年月 1990.10.30
ページ数 244p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想