美年岡白牛酪考;白丹砂製煉法;広恵済急方 : 民間治療  2

浅見 恵;安田 健【訳編】

享保時代の経済引き締めに伴ない、国産薬品の開発が急務となった。採薬、徳川幕府による薬方書の編纂および薬園の開設などが、その政策の具体化である。本巻では、徳川幕府の編纂した主要な民間治療書をとりあげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 美年岡白牛酪考
  • 白丹砂制煉法書
  • 広恵済急方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美年岡白牛酪考;白丹砂製煉法;広恵済急方 : 民間治療
著作者等 安田 健
浅見 恵
書名ヨミ ミネオカハクギユウラクコウ@ハクタンサセイレンホウ@コウケイサイキユウホウ : ミンカンチリヨウ : 2
シリーズ名 近世歴史資料集成 第2期 第9巻
巻冊次 2
出版元 科学書院
霞ケ関出版
刊行年月 1990.9.15
ページ数 825,18p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想