テーオドア・ホイスにみるドイツ民主主義の源流

ハム・ブリュッヒャー ヒルデガルト【著】<Hamm Br¨ucher Hildegard>;関口 宏道【訳】

[目次]

  • 序論 生涯民主主義者であったホイス
  • 第1章 ホイスの民主主義思想の根幹
  • 第2章 ホイスの民主主義思想における政治・憲法・国家に関する秩序原理
  • 第3章 ヴァイマールの経験
  • 第4章 失敗の経験からの結論
  • 第5章 連邦大統領職とその初代大統領
  • 第6章 ホイスとドイツ民主主義
  • 資料 年譜と引用によるホイスの「政治的伝記」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テーオドア・ホイスにみるドイツ民主主義の源流
著作者等 Hamm-Brücher, Hildegard
関口 宏道
ハム・ブリュッヒャー ヒルデガルト
書名ヨミ テ-オドア.ホイスニミルドイツミンシユシユギノゲンリユウ
出版元 太陽出版
刊行年月 1990.10.10
ページ数 214p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4884690907
NCID BN05505724
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想