ヘルンと私

小泉 時【著】

小泉八雲の孫である頂者が、その幼児期に暮らした晩年の祖母セツや、父・一雄、叔父の巌、清、叔母の寿々子らをはじめ、八雲ゆかりの人びとにまつわる思い出を、親族ならではの珍しいエピソードをまじえながら愛情あふれる筆致でつづる随筆集。未発表の写真、多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マルティニーク(ペレー火山のスケッチ
  • ハーンとカメラ ほか)
  • 2 祖母セツの思い出(東京・西大久保
  • セツの死
  • 野口米次郎とセツ ほか)
  • 3 身内のこと(一雄の執筆
  • 巌叔父のこと
  • 清叔父のこと
  • 寿々子叔母のこと ほか)
  • 4 折々の記(中村丘陵画伯
  • 表具師佐藤正三
  • 『日本-一つの試論』校正綴りと坪内逍遥の書簡 ほか)
  • 5 奇しき縁(ミッチェル・マクドナルド
  • フェラーズ将軍
  • 若きハーンのフランス留学 ほか)
  • 6 ヘルンと手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘルンと私
著作者等 小泉 時
書名ヨミ ヘルントワタクシ
出版元 恒文社
刊行年月 1990.9.30
ページ数 254p
大きさ 20×16cm
ISBN 4770407254
NCID BN05275781
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想