現代における「個人‐共同体‐国家」

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 1989年度日本法哲学会学術大会(岡山大会)の統一テーマ報告について(笹倉秀夫)
  • 共同体論-その諸相と射程(井上達夫)
  • M.ウェーバーにおける個人・共同体・国家-市民的政治文化の可能性と法哲学(今井弘道)
  • 労働法における個人・団体・国家-自己決定理念の意義を中心として(西谷敏)
  • ドゥオーキングの法哲学・政治哲学とリベラリズム(旗手俊彦)
  • 憲法学において「自己決定権」をいうことの意味(佐藤幸治)
  • <シンポジウム・分科会・研究ノート>

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代における「個人‐共同体‐国家」
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ ゲンダイニオケルコジン-キヨウドウタイ-コツカ
出版元 有斐閣
刊行年月 1990.8.25
ページ数 202p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641026858
NCID BN05178694
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想