すっとび若殿

左近 隆【著】

秩父七ツ石山頂で、金穿師膳竜之助は、梓姫と名乗る首領に率いられる奇怪な一団と遭遇した。竜之助は老中水野越前守と目付鳥居耀蔵の密命を受け、幕府お直山の内情調査に従うお小人目付の一人であったが、叔父真鍋四郎右衛門こそ幕府を騒がす能面党の首領である、という意外な言葉を耀蔵から聞かされ、その能面党の探索を命じられた。長崎奉行所手付役人土方縫殿助と奸商大村屋十兵衛の罠に陥り、長崎屋甚兵衛は没落した。長崎屋の姉娘琴江は江戸へ出て、その名もお芳と変えた女掏摸になっていた。姉を尋ねて江戸へ向かう妹美保が、神奈川宿で般若の辰に襲われる危ういところを救ってくれた白羽二重に朱鞘の浪人こそ、"気まぐれ峻太郎"であった。-ご存じ、若殿峻太郎の活躍。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すっとび若殿
著作者等 左近 隆
書名ヨミ スツトビワカトノ
シリーズ名 春陽文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1990.8.25
ページ数 216p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 439415619X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想