紀元前に実在した津軽古代王国の謎

佐藤 有文【著】

みちのく・東北地方の最北端にある津軽半島十三湖一帯には、耶馬台国をしのぐ日本最古の《津軽古代王国》があった…。この、従来の歴史上の定説を根底からくつがえす壮大なロマンは、はたしてどこまでが真実だろうか?二千数百年の長い沈黙をやぶり、こつぜんと姿を現わした幻の津軽古代王国や謎のアラバキ古代王国は、最近の考古学上の発掘により次々と実証されつつあるが、それは、まさしく空白の日本古代史を解明する大発見となろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 実在した幻の津軽王国-2700年前にあった日本最古の古代王国
  • 第2章 解明された津軽王国の謎-十三湖に沈んだ幻の古都〔十三湊〕
  • 第3章 東北古代のピラミッド霊山-古代アソベ王国の謎を解明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紀元前に実在した津軽古代王国の謎
著作者等 佐藤 有文
書名ヨミ キゲンゼンニジツザイシタツガルコダイオウコクノナゾ
出版元 扶桑社
刊行年月 1990.8.8
版表示 〔新装版〕
ページ数 271p
大きさ 18cm
ISBN 4594006213
NCID BN0537792X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想