『ちびくろサンボ』絶版を考える

径書房編集部【編】

ある日、突然、『ちびくろサンボ』が、日本中のすべての書店から消えた。「黒人差別図書」と言われた『ちびくろサンボ』を、私たちはどう考えればいいのだろう…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本版サンボ・ストーリー
  • アメリカ・イギリス版サンボ・ストーリー
  • 「黒人差別をなくす会」の小さな取り組み-差別をなくす鍵は他人の痛みを感じること
  • 岩波書店に聞く
  • 「サンボ」は子どもたちのヒーローなのです[『ブラック・サンボくん』を刊行した山本まつよさんのご意見]
  • 在米黒人女性7人の声
  • 黒人はとても美しいのです
  • 日本人は「過剰反応」と言うけれど黒人がどれだけ差別されてきたか考えてほしい
  • 僕は『ちびくろサンボ』が大好きです
  • 『ちびくろサンボ』を、なぜ子どもに読ませたくないか
  • 絶版をめぐってシンポジューム[報告を小冊子にまとめて]
  • 図書館の自由と『ちびくろサンボ』
  • 『ちびくろサンボ』絶版は当然、それ以外にも問題図書456点[ほか]

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『ちびくろサンボ』絶版を考える
著作者等 径書房編集部
書名ヨミ チビクロサンボゼツパンオカンガエル
出版元 径書房
刊行年月 1990.8.10
ページ数 266,11p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想