ホプキンズの夜

エルロイ ジェイムズ<Ellroy James>【著】;小林 宏明【訳】

ロス市警の警官ハーゾグが失踪して3週間が過ぎた。勤続13年の模範的な警官で変装を得意とし、単身で市内の各署によく駆り出されていた。同僚のロイド・ホプキンズ部長刑事はハーゾグの部屋に泊まり込み独自の捜査を開始するが、しばらくして奇妙な事実をつきとめる。ハーゾグは6人の市警警官の資料をとりよせ、彼らの言動をさぐっていたのだった。しかもリストの6人目には「ロイド・ホプキンズ強盗殺人課」とあった。何のためなのか。一方同じ頃、小さな酒屋で3人が射殺される強盗事件が発生し、ホプキンズの興味をひく。この凶悪事件と警官失踪を結ぶ糸とは…。鬼才J・エルロイが放つ新警官小説ロイド・ホプキンズ・シリーズ第2弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホプキンズの夜
著作者等 小林 宏明
エルロイ ジェイムズ
書名ヨミ ホプキンズノヨル
シリーズ名 扶桑社ミステリー
出版元 扶桑社
刊行年月 1990.7.25
ページ数 428p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4594006094
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想