道産子が歩く : 日本徒歩縦断3,000キロ

山西 敏博【著】

日本の最北端から最南端まで、64日間かけて歩いた若き冒険野郎の、汗と涙と笑いの記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沖縄への憧憬
  • 2 「歩く」とは、一歩一歩進むこと-北海道
  • 3 人情の郷、みちのく-東北
  • 4 越後、越中の里で-新潟・富山
  • 5 「大都会」の中の「歴史」-奥飛騨・関西
  • 6 エラぃ奴ちゃ、エラぃ奴ちゃ!-淡路島・四国・山口県
  • 7 旅は「多日」「足袋」-九州

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道産子が歩く : 日本徒歩縦断3,000キロ
著作者等 山西 敏博
書名ヨミ ドサンコガアルク : ニホントホジユウダン3000キロ
出版元 静山社
刊行年月 1990.7.20
ページ数 223p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 491551224X
NCID BA72507023
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想