十三階段の都市銀行 : 「銀行110番」が見た天国と地獄  上

文坂 富太郎【著】

土地狂騰に加担し世界の富を独占せんとする日本の銀行、その不法と違法を全面暴露。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大きいことはいいことだ!か?-第一勧銀は狙われている
  • 第2章 日債銀は解体すべし
  • 第3章 長銀に未来はあるか!?-堀江頭取ですべては決まる
  • 第4章 興銀の地盤沈下はほんとうか
  • 第5章 住友銀行に粉飾決算はないのか-利益三冠王は、果たして本物か
  • 第6章 「ほほえみ」は奪い取るものである
  • 第7章 目立ちたがり屋が協和銀行を革命する-協銀マン8000人の恍惚と不安
  • 第8章 刮目すべきか大和銀行-息切れが心配、横文字キャッチ
  • 第9章 泣くなピープルズ・バンク-三和銀行のNo.1キャッチに苦言する
  • 第10章 東銀、おまえもか-不浄の金6000億、中南米に消ゆ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十三階段の都市銀行 : 「銀行110番」が見た天国と地獄
著作者等 文坂 富太郎
書名ヨミ ジユウサンカイダンノトシギンコウ : ギンコウヒヤクトウバンガミタテンゴクトジゴク : ジヨウ
巻冊次
出版元 エスエル出版会
鹿砦社
刊行年月 1990.7.10
ページ数 260p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想