企業国際化の史的分析

桑原 哲也【著】

本書は、企業の国際化戦略についての歴史的研究である。分析の対象は、戦前における日本紡績業企業の中国への企業進出である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東華紡織会社-初期直接投資計画の瓦解
  • 第2章 上海紡績会社-初期直接投資計画の変更と内地移転
  • 第3章 内外綿会社-後発太糸紡績企業の成長戦略
  • 第4章 大日本紡績会社-強いられた経営戦略
  • 第5章 鐘渕紡績会社-国内産業空洞化論
  • 第6章 東洋紡績会社-輸出戦略の優先
  • 第7章 富士瓦斯紡績会社-国家経済的見地にもとづく経営資源の動員
  • 第8章 大阪合同紡績会社-輸出市場の先取り
  • 第9章 多様な戦略行動
  • 第10章 競争上の優位性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業国際化の史的分析
著作者等 桑原 哲也
書名ヨミ キギヨウコクサイカノシテキブンセキ
出版元 森山書店
刊行年月 1990.6.15
ページ数 313,16p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4839417199
NCID BN04791093
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想