夢・現・記 : 一画家の時代への証言 踏分道としての戦後

池田 龍雄【著】

この本は、形象化された足跡、修羅を生きる人間の発語した記録である。豊かな大衆社会と化した戦後日本、そのなかで肥大化した欲望が栄光と悲惨をともに拡大した。その時間を生きた人びとのメッセージがここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夢輾輾 1945-1949
  • 2 芸術と現実と 1950-1954
  • 3 曲り角の記 1955-1959
  • 4 私的60年代美術論1960-

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢・現・記 : 一画家の時代への証言 踏分道としての戦後
著作者等 池田 龍雄
書名ヨミ ムゲンキ : イチガカノジダイヘノシヨウゲンフミワケミチトシテノセンゴ
シリーズ名 Contemporary human documents
出版元 現代企画室
刊行年月 1990.5.21
ページ数 309,25p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想