反撃への跳躍 : 永遠のフィレーナ  4

首藤 剛志【著】;高田 明美【絵】

支配者デビス帝国に滅ぼされた、フィロセラの王女フィレーナは男奴隷の闘技士として育てられた。しかし自分の出生の秘密を知り、逃亡奴隷となって帝国内を放浪する。そこで帝国の圧政を目のあたりにしたフィレーナは、ついに帝国の打倒を決意し、帝国のシンボルともいうべき神殿を破壊する。やがて、フィレーナの神殿破壊のうわさは帝国各地で「フィレーナ」を名のる反乱軍を生み出した。それから3年後、南部海岸地方の一反乱軍の首領におさまったフィレーナは、いまや盗族と何ら変わりのない反乱軍の横行に心を痛めていた…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反撃への跳躍 : 永遠のフィレーナ
著作者等 高田 明美
首藤 剛志
書名ヨミ ハンゲキヘノチヨウヤク : エイエンノフイレ-ナ : 4
シリーズ名 アニメージュ文庫
巻冊次 4
出版元 徳間書店
刊行年月 1990.5.31
ページ数 218p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4196696309
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想