体と心をととのえるセルフ・コントロール健康法

池見 酉次郎【著】

ハイテク文明が生み出す科学技術が人類の幸福に果たす役割の限界に気づき、科学の進歩に伴う「神の死」がもたらす虚無感などから、西欧では、禅などに救いを求めようとする動きが一つのブームになってきている。東洋の英知にもとづく身心セルフ・コントロール法は、「自己とは」「いのちとは」といった問いに対する答えを直観的に体得させてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 草を分けて
  • 第2章 自然治癒力を生かす
  • 第3章 脳のはたらき
  • 第4章 体に貞(き)く
  • 第5章 自然(いのち)に貞く
  • 第6章 自己への目ざめ
  • 第7章 自己をととのえる
  • 第8章 ヘルス・アート
  • 第9章 気功法
  • 第10章 東洋の道
  • 第11章 ニコニコペースの運動法
  • 第12章 日本最初の健康体操
  • 第13章 ダンスと健康
  • 第14章 体からの教育
  • 第15章 セルフ・ヘルプ運動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体と心をととのえるセルフ・コントロール健康法
著作者等 池見 酉次郎
書名ヨミ カラダトココロオトトノエルセルフコントロ-ルケンコウホウ
シリーズ名 新コンパクト・シリーズ 081
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.5.20
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 4140180811
NCID BN05339046
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想