テレビ放送を考える

田宮 武;津金沢 聡広【編著】

テレビはすでに国境を越え宇宙時代に突入している。技術革新の推むなかで、日本の放送メディアの現状と課題は何か。テレビ文化の日常性とは、報道、広告、視聴率の実態は?そして放送は社会に対してどんな責任をもつべきか。制作現場からの報告も加え、読者とともに今、テレビ放送について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 放送メディアをめぐって-その現状と課題(NHKと民放
  • ラジオの諸問題
  • 伝送路の多様化と地上テレビ放送)
  • 放送文化をつくる(テレビジャーナリズム批判
  • テレビ文化・娯楽論
  • テレビ広告と広告主
  • 視聴率の功罪)
  • テレビと社会(放送の自由と知る権利
  • マスコミ市民運動
  • 放送と人権
  • テレビの社会的影響)
  • 放送現場からの報告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレビ放送を考える
著作者等 津金沢 聡広
田宮 武
書名ヨミ テレビホウソウオカンガエル
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1990.5.5
ページ数 325,8p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4623019977
NCID BN04714784
BN10186829
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想