身振りの相貌 : 現代美術におけるヒューマンイメージ

佐谷 和彦;鶴岡 善久【編】

未来へ向かって多角的に進展する現代美術を支えた巨匠たち、クレー、ピカソ、デュシャン、ミロ、デ・クーニング、ウォホールら38人の美術家たちが、人間あるいは人体を活写した作品に、現代日本を代表する詩人、評論家、画家など39人の論客が、自在に綴るオマージュの花束。それはおのずから現代の美術と人間の存在の根源に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 永遠の花嫁 クリムト
  • 幻想と情念の画家 ノルデ
  • ここにいない女たち マチス
  • メランミリッコリックな透明感-ピカビアの場合 ピカビア
  • クレーの抽象 クレー
  • 物体の人間化または人間の物体化 レジェ
  • ピカソ・青い自画像 ピカソ
  • 肖像画のシルエット デュシャン
  • 現在という永遠 マン・レイ
  • 「無私の」方法的実践 エルンスト〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身振りの相貌 : 現代美術におけるヒューマンイメージ
著作者等 Le Bailly, Arlette
佐谷 和彦
貴田 庄
鶴岡 善久
書名ヨミ ミブリノソウボウ : ゲンダイビジユツニオケルヒユ-マンイメ-ジ
出版元 沖積舎
刊行年月 1990.5.7
ページ数 169p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 480604542X
NCID BN05126599
BN06894971
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想