日本語への処方箋

高田 宏【著】

自分の土地の言葉が生き生き使われているところにこそ、本物の文化が育っている。第41回読売文学賞受賞作家の最新「日本語」エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本語への処方箋
  • ことばの周辺(字を書くということ
  • 先生たちの言葉
  • 「思い」という流行語
  • 恋文
  • 日本語の近代 ほか)
  • 辞書あれこれ(反辞書
  • 大言海の誕生
  • 大辞林
  • 質屋がよいのプチ・ラルース ほか)
  • ことば散歩(女性の気力
  • 美しい死顔
  • 本はどうも
  • 団子より花
  • 断食について
  • おばあちゃんの帽子 ほか)
  • 書斎のそと(性、性差、エロス
  • 山の民、海の民
  • 都会の赤トンボ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語への処方箋
著作者等 高田 宏
書名ヨミ ニホンゴヘノシヨホウセン
出版元 創拓社
刊行年月 1990.4.1
ページ数 300p
大きさ 18cm
ISBN 4871380947
NCID BN0474707X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想