悪い種子が芽ばえる時

ギル B.M.【著】<Gill B.M.>;吉野 美耶子【訳】

ザニーは6歳のとき、4歳の坊やウィリーを池に沈めて殺した。大好きな猿のお人形をとりあげられたから。つづいてパン屋のおじさんを焼殺した。おじさんがよそ者の子に親切にしたから。いったい、あどけない彼女が殺人者などとだれが思っただろう。両親はうすうす事情を察して、ザニーを修道院の寄宿学校に入れたが、優雅で上品な美少女に成長したザニーは、またしても事件を起こした。欲しいものを、めざす男性を手に入れるために-。しかし、彼女は思っている。神様にお祈りを3回となえれば、きっと許してもらえるわ、と。英国の気鋭女流作家が、美少女の心の奥底に潜む魔性をえぐりだす、悪夢のような異常心理サスペンス。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪い種子が芽ばえる時
著作者等 吉野 美耶子
ギル B.M.
書名ヨミ ワルイタネガメバエルトキ
シリーズ名 扶桑社ミステリー
出版元 扶桑社
刊行年月 1990.3.26
ページ数 318p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4594005551
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想