宮沢賢治童話全集  7

宮沢 賢治【作】;宮沢 清六;堀尾 青史【編】

賢治の代表的な詩で、かれの生き方をよく表わしていて今なお、多くの人々に愛誦されている「雨ニモマケズ」など、多くの詩や短歌・散文も収録。あわせて賢治の生活を物語る、書簡・綴方なども選んで入れ、また弟・清六氏による"賢治の生涯"は、賢治を理解する上で一助となるでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 兄、賢治の一生(宮沢清六)
  • 雨ニモマケズ 詩・短歌・散文・綴方・書簡など(花城小学校時代
  • 盛岡中学校と一浪時代
  • 盛岡高等農林学校時代
  • 信仰と出京
  • 花巻農学校時代
  • 羅須地人協会時代
  • 東北砕石工場時代
  • 病いから死まで)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 兄、賢治の一生(宮沢清六)
  • 雨ニモマケズ-詩・短歌・散文・綴方・書簡など(花城小学校時代
  • 盛岡中学校の一浪時代
  • 盛岡高等農林学校時代
  • 信仰と出京
  • 花巻農学校時代
  • 羅須地人協会時代
  • 東北砕石工場時代
  • 病いから死まで)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポラーノの広場 / 7
  • 饑餓陣営 / 117
  • 雨ニモマケズ / 145
  • 一九〇九年 短歌六首 / 147
  • 一九一〇年 書簡一通 / 148
  • 一九一一年 短歌六首 / 150
  • 一九一二年 短歌一二首 / 151
  • 一九一三年 短歌五首 / 153
  • 一九一四年 短歌一四首 / 154
  • 一九一五年 短歌七首 / 156
  • 一九一六年 短歌一五首 / 158
  • 一九一七年 短歌一八首 / 160
  • 「旅人のはなし」から / 163
  • 一九一八年 短歌七首 / 167
  • 手紙四 / 168
  • 書簡三通 / 171
  • 一九一九年 短歌五首 / 176
  • 書簡一通 / 177
  • 一九二〇年 書簡二通 / 178
  • 一九二一年 短歌一〇首 / 180
  • 書簡二通 / 181
  • 一九二二年 詩 花巻農学校精神歌/林と思想/報告/高原/原体剣舞連/永訣の朝/松の針/無声慟哭 / 187
  • 一九二三年 イギリス海岸 / 196
  • 一九二四年 詩 作品第三一二番/母に云う / 214
  • 一九二五年 詩 告別 / 217
  • 書簡二通 / 219
  • 一九二六年 詩 春/増水 / 220
  • 農民芸術概論綱要 / 222
  • 一九二七年 詩 作品第一〇〇八番/開墾/作品第一〇二〇番/野の師父/稲作揷話/和風は河谷いっぱいに吹く/作品第一〇八八番/生徒諸君に寄せる / 229
  • 一九二八年 詩 それでは計算いたしましょう / 240
  • 書簡一通 / 242
  • 一九二九年 詩夜 / 243
  • 一九三〇年 詩 弓のごとく/からす百態 / 244
  • 一九三一年 詩 あらたなる/手帳より / 246
  • 一九三二年 詩 眼にていう/まなこをひらけば四月の風が/風がおもてで呼んでいる / 250
  • 俳句五首 / 253
  • 一九三三年 書簡一通 / 253
  • 絶筆二首 / 255
  • 遺書 / 255
  • 遺言 / 256
  • 兄、賢治の一生・宮沢清六 / 257
  • 作品の案内・堀尾青史 / 303
  • 雨ニモマケズ 解説・堀尾青史 / 309

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宮沢賢治童話全集
著作者等 宮沢 賢治
野々口 重
堀尾 青史
宮沢 清六
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ドウワ ゼンシュウ
書名別名 雨ニモマケズ

Miyazawa kenji dowa zenshu
巻冊次 7
出版元 岩崎書店
刊行年月 昭和39
版表示 新装版
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-265-01942-7
NCID BN15677668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45036587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
雨ニモマケズ 野々口 重
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想