認知科学の発展  第2巻

日本認知科学会【編】

第4回京都賞受賞のチョムスキー教授の論文を中心とした特集。本特集は、文法理論の研究を通じて人間のこころの構造と機能の解明へ寄与すべく、認知科学という学際領域に集結した広範な研究者が語る言語学からの認知科学へのアプローチである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 認知革命(認知革命-言語学からのアプローチ
  • チョムスキー教授の言語学ならびに認知科学に対する貢献
  • 派生と表示の経済性に関する覚書
  • 統語論におけるバリアー概念について
  • 原理とパラメーターのアプローチにおける受動構文
  • 文法獲得関数の性質について
  • 認知科学の研究対象としての科学的知識)
  • 論文(フレーム問題をどうとらえるか
  • 知能・理解・知識)
  • 日本認知科学会会報および「認知科学学の発展Vol.2」編集後記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知科学の発展
著作者等 Chomsky, Noam
Fukui, Naoki
日本認知科学会
松原 仁
波多野 誼余夫
長谷川 信子
三宅 芳雄
大津 由紀男
内田 平
書名ヨミ ニンチカガクノハツテン : 2
巻冊次 第2巻
出版元 講談社
刊行年月 1990.3.20
ページ数 242p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4061539078
NCID BN04449118
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想