現代マクロ経済学の基本問題 : ケインズ『一般理論』を軸として  上巻

ベルトネシュ M.<Berton`eche Marc>;テュリェ J.【編著】<Teuli'e Jacques>;大住 栄治【訳】

ケインズ『一般理論』の意義をめぐって展開された第一級経済学者(14名)の周知の必読論文を網羅・コメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古典派理論とケインズ・モデル
  • 第2章 消費
  • 第3章 資本と投資
  • 第4章 貨幣、利子および所得

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代マクロ経済学の基本問題 : ケインズ『一般理論』を軸として
著作者等 テュリェ J.
大住 栄治
ベルトネシュ M.
書名ヨミ ゲンダイマクロケイザイガクノキホンモンダイ : ケインズイツパンリロンオジクトシテ : ジヨウカン
巻冊次 上巻
出版元 第三出版
刊行年月 1990.2.28
ページ数 205p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想