作文集 続・泣くものか : 子どもたちからの人権の訴え

全国社会福祉協議会;養護施設協議会【編】

さまざまな理由から親と別れ養護施設で暮らす子どもたちが綴った生いたち、親への想い、自立への願い…。おとなたちはこの訴えをどう受けとめるのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家庭が壊れてしまって(家族がだんだんへっていく
  • 不思議なくらいあきらめていた
  • それからずっと会えなくなった
  • 怖くてなにもいえなくなります
  • 家にも帰らなくなってしまい)
  • 第2章 聞いてくださいお父さん、お母さん(ひとりになリたくないよ
  • もうちょっとましな母ちゃんになって
  • だれがどんなこといっても親は親だから)
  • 第3章 いま学園のなかで(そんなにかわいそうに見えますか
  • 優しい人になれなかったら一生結婚しない
  • 一生涯続けられる仕事に就こう)
  • 第4章 自分自身の人生をいま(普通のことがすばらしいこと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 作文集 続・泣くものか : 子どもたちからの人権の訴え
著作者等 養護施設協議会
全国社会福祉協議会
書名ヨミ サクブンシユウゾク.ナクモノカ : コドモタチカラノジンケンノウツタエ
出版元 亜紀書房
刊行年月 1990.2.15
ページ数 293p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想