危機にたつ象徴天皇制 : 代替り儀式と天皇元首化

天皇の戦争責任を追及し、沖縄訪問に反対する東京会議【編】

戦後象徴天皇制とは何であったのか。代替り儀式の中で虚構が崩れつつあるいま、その成立と戦後史における変遷を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 象徴天皇制の成立
  • 第2章 象徴天皇制の危機と天皇元首化
  • 第3章 天皇の代替わり儀式と憲法
  • 第4章 戦後天皇制の歴史的強化と90年
  • 第5章 戦後国家と象徴天皇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機にたつ象徴天皇制 : 代替り儀式と天皇元首化
著作者等 天皇の戦争責任を追及し、沖縄訪問に反対する東京会議
小西 誠
書名ヨミ キキニタツシヨウチヨウテンノウセイ : ダイガワリギシキトテンノウゲンシユカ
シリーズ名 講座・天皇制論 2
出版元 新泉社
刊行年月 1990.1.25
ページ数 233p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN04544877
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想